タグ:方法の記事一覧

40代からの筋活

腹囲104cmだったアラフォーおやじの筋活日記 メタボ脱却体作り!

タグ:方法

筋トレで挫折しないための考え方

筋トレで挫折しないための考え方

筋肉をつけるためには、徹底的に回数を増やしたほうがいい、こう思ってる人は要注意です。

 

「とにかく筋トレの回数を増やしたほうが効果が高い」のではありません。

 

 

回数を増やすくらいなら、身体の角度を変えるなどして、普段の筋トレの負荷を高め、「1セットあたり20回程度で手ごたえを感じる」という考え方に変えてみましょう。

 

 

 

日中は仕事もしていて、1週間で筋トレに注げる時間が少ないのに、量だけを求める筋トレは続きません。

 

 

「筋トレしたい、しなくちゃな・・・」と思ってる人が多いにもかかわらず、続かない理由は、筋肉を鍛えることに対して、間違ったイメージを持っているからです。

 

 

筋肉は、あなたの努力を裏切りませんが、だからといって、闇雲に回数を増やしてもあまり意味がない、というのが面白いところです。

 

 

 

回数よりも生産性が大事

 

ひたすら回数を重ねるよりも、効果的なトレーニングをするようにしましょう。

 

 

筋トレを継続する秘訣は、回数ではなく効果を求めることです。

 

 

腕立て伏せを100回繰り返すことができるなら、その腕立て伏せは負荷が低すぎて筋肉を増やすために適切な運動とはいえません。

 

 

同じ運動を連続して行うことは、「キツい」のですが、筋持久力の高さを求めるには効果があっても、身体の見た目を作る筋肉(骨格筋など)は、筋トレの量に比例するわけではありません。

 

 

この結果、キツイ運動は体型づくりに役立ちません。

 

 

 

ツイストの動きを取り入れよう

 

たとえば、隙間時間や短い時間で効果を生み出すには、ツイストの動きを取り入れてみましょう。

 

 

めちゃくちゃキツイです。でも、効果は抜群です。

 

 

 

「キツイ」トレーニングというと、言葉は同じでも、「量をこなすからキツイのか」、「負荷が高いからキツイのか」は、まるで意味が違います。

 

 

そして、鍛えている目的も違ってくるのです。

 

 

今すぐできること

 

 

これから、筋トレを始めようと思ってる人は、筋肉を鍛えることに対して正しい方法を身につけましょう。

 

 

浮き輪肉を落とすのに失敗したくない人は必見

浮き輪肉を落とすのに失敗したくない人は必見

落とすことがもっとも厄介と言われている腰回りについた分厚い肉の塊。通称、「浮き輪肉」。

 

メタボ改善に向けて取り組み始めてサイズダウンできたけど、腰上の肉のせいでぽっちゃりとした印象になってしまう、これ、誰でも悩んだことがあるはずです。

 

 

  • ウェスト周りの肉だけが落とせず悩んでる人
  • 腹筋を鍛えて、ボディラインをたくましくしたい人
  • くびれを作りたい女性

 

腰上の浮き輪肉をとることができれば、ぽっちゃりした印象がなくなり、イメージがガラっと変わります

 

 

腰上の浮き輪肉ができる理由

 

デスクワークが多いと浮き輪肉がつきやすい

 

日常生活において、腹部以上に使う機会が少ないのが、腰上です。

 

特に、仕事柄デスクワークが多い人は、年齢とともに巨大な浮袋のようなお肉がわき腹から背中部分にかけてついているはずです。

腰の上部は、脂肪が付きやすく、落としにくい代表的な部位です。

 

ホルモンの関係から、男性よりも女性のほうがつきやすいと言われてます。

現代のデスクワーク中心で座り姿勢が長く続き、骨盤が後ろに収まりがちな生活を送っていると、腰上に、浮き輪のような肉がたっぷりついてしまいます。

 

 

メタボ克服のために、サイズダウンしていくと、あからさまに浮き輪肉がみっともなく見えるんです(僕がそうでした)。ここまで来たら、腰上の肉もなんとか落としてお腹周りのシルエットをかっこよくしたい!なんて妄想に取りつかれてしまったので、その方法を紹介します。

 

 

なお、メタボ改善のためだけであれば、浮き輪肉をあえて落とす必要はありません。
浮き輪肉を落とすのは、メタボを克服するよりしんどいので、メタボ克服と、浮き輪肉の改善をセットにして取り組まないほうがいいですよ。運動に慣れていない時期はあまりのキツさに、挫折してしまいます。

 

 

浮き輪肉をそぎ落とす方法

 

ウェスト周りを鍛える

 

  • 腹斜筋を鍛える
  • ツイストの動きを追加して脂肪をグっと絞り出す
  • 憧れのボディライン、使う筋肉をイメージする

 

浮き輪肉をとるためには、この3つのアプローチが大切です。

 

腹斜筋を刺激しよう

 

浮き輪肉を落とすためには、脇腹にある(内・外)腹斜筋を狙って刺激します。

 

この腹斜筋を刺激するためには、ツイストして、その都度落としたい脂肪をグッと絞り出すようにするのがポイントです。

 

 

くびれを作る場合も同じく腹斜筋を鍛えますが、腹斜筋は脇腹から骨盤の上にかけて広がる筋肉なので、腰上の肉にも同様の効果があります。

 

 

イメージトレーニングでモチベーションを上げよう

 

どういう体になりたいのか、どういう腹筋を作りたいかという最終目標だけでなく、今どの部分を鍛えているのか、どの筋肉のどの部分が伸縮しているのか、どの脂肪を撃退したいのか、という具体的なイメージをできるようにしましょう。

 

イメージすることで、モチベーションがアップします。そして、トレーニングにより集中しやすくなります。

 

注意散漫な状態で行うよりも、モチベーションが高く、動作に集中できたほうが、確実に刺激を伝えやすくなります。

 

 

自己暗示なんて・・・ばかばかしいと思わずに、常に鍛えたい部位をイメージすることが大切です。

 

 

サイドクランチ

 

サイドクランチは、床の上でも行える腹斜筋を鍛えるためのトレーニングです。

横に寝て、膝を軽くまげて準備を死、状態をひねって胸を開き吐く息で起き上がります。

 

脇腹の筋肉が収縮するのを感じながら、動作を繰り返しましょう。

 

 

細かい動きは、人によって違います。自分にあったやり方で取り組んでみてください。

 

腹斜筋・腹横筋を鍛えるサイドクランチの基本と応用

 

 

女性向けウエストの引締め筋トレ法、サイドクランチ 腹筋

 

無理のない範囲で取り組んでいきましょう。

 

モチベーションが続かないかも、と思ってしまう人は、こちらの加圧シャツがおすすめです。

 

 

金剛筋シャツの口コミは?