筋育万太郎が投稿した記事一覧

40代からの筋活

腹囲104cmだったアラフォーおやじの筋活日記 メタボ脱却体作り!

投稿者:筋育万太郎

筋トレで成長ホルモンを分泌させて肌も髪も若返りを

筋トレで成長ホルモンを分泌させて肌も髪も若返りを

人間の身体のメカニズムで驚かされるのは、ホルモンバランです。

ホルモンバランスが体に与える影響は、めちゃくちゃ大きく、ニキビができるのもホルモンバランスが崩れた結果です。

 

筋肉トレーニングを継続していくことで、見た目にスタイリッシュになるだけでなく、病気を寄せ付けにくい健康的な体を手に入れることができます。

 

これは、トレーニングによって大量に分泌される成長ホルモンに、免疫力を高める効果が含まれているかららです。

 

 

成長ホルモンが与える影響

 

成長ホルモンは、16歳をピークにして何もしなければ分泌量が減っていきます。

成長ホルモンが体に与える影響についてまとめました。

 

コレステロールが増えることを抑える
心臓機能を高める
インスリンの働きを他御持つ
骨格や筋肉を発達させ脂肪を分解する
皮膚を健康的に若々しく保つ

 

以上の情報は、こちらを参考にしました。

参考元:成長ホルモンが出なくなるとどうなる?

 

 

筋育を鍛えていくことで、成長ホルモンの分泌が活発になり、肌や髪の毛が細胞レベルで若返ると言われています(最近女性の間で筋トレダイエットがブームになっているのは、アンチエイジング効果に対しる期待も高いからです)。

 

 

ストレスに打ち勝つ肉体を

 

ストレスを感じたときには、コルチゾールというホルモンが分泌されます。

このコルチゾールというホルモンは、免疫力を定価させて筋肉を分解し、間接的に脂肪を貯め込んでいく作用があります。

 

ストレスを抱えたまmだと太りやすくなるのは、このコルチゾールを抑える働きが弱いともいえます。

 

しかし、トレーニングによってコルチゾールの発生も抑えることができると言われています。

 

 

筋トレは最高のアンチエイジングメソッド

 

 

こうしてみていくと、筋肉トレーニングは、僕たち40代以上の人にとっては、最強ともいえるアンチエイジングメソッドです。

 

トレーニングによる筋肉と血管のはったつは、血液循環を良くして栄養素を身体全体にくまなく行き渡らせます。そして、身体から排出される老廃物をしっかり回収してくれるのです。

 

成長ホルモンによって新陳代謝が活性化していくと、老けにくい身体を手にすることができます。

さらに、テストステロンという男性ホルモンの分泌量が増えると、活力や精力も高まっていきます。

 

 

継続的に筋肉を鍛えていくことで、身体だけでなく肌や髪も若さを保つことは可能です。

 

HMBアルティメイトの効果とレビュー 効き目を出すのはあなた次第

 

 

筋トレで挫折しないための考え方

筋トレで挫折しないための考え方

筋肉をつけるためには、徹底的に回数を増やしたほうがいい、こう思ってる人は要注意です。

 

「とにかく筋トレの回数を増やしたほうが効果が高い」のではありません。

 

 

回数を増やすくらいなら、身体の角度を変えるなどして、普段の筋トレの負荷を高め、「1セットあたり20回程度で手ごたえを感じる」という考え方に変えてみましょう。

 

 

 

日中は仕事もしていて、1週間で筋トレに注げる時間が少ないのに、量だけを求める筋トレは続きません。

 

 

「筋トレしたい、しなくちゃな・・・」と思ってる人が多いにもかかわらず、続かない理由は、筋肉を鍛えることに対して、間違ったイメージを持っているからです。

 

 

筋肉は、あなたの努力を裏切りませんが、だからといって、闇雲に回数を増やしてもあまり意味がない、というのが面白いところです。

 

 

 

回数よりも生産性が大事

 

ひたすら回数を重ねるよりも、効果的なトレーニングをするようにしましょう。

 

 

筋トレを継続する秘訣は、回数ではなく効果を求めることです。

 

 

腕立て伏せを100回繰り返すことができるなら、その腕立て伏せは負荷が低すぎて筋肉を増やすために適切な運動とはいえません。

 

 

同じ運動を連続して行うことは、「キツい」のですが、筋持久力の高さを求めるには効果があっても、身体の見た目を作る筋肉(骨格筋など)は、筋トレの量に比例するわけではありません。

 

 

この結果、キツイ運動は体型づくりに役立ちません。

 

 

 

ツイストの動きを取り入れよう

 

たとえば、隙間時間や短い時間で効果を生み出すには、ツイストの動きを取り入れてみましょう。

 

 

めちゃくちゃキツイです。でも、効果は抜群です。

 

 

 

「キツイ」トレーニングというと、言葉は同じでも、「量をこなすからキツイのか」、「負荷が高いからキツイのか」は、まるで意味が違います。

 

 

そして、鍛えている目的も違ってくるのです。

 

 

今すぐできること

 

 

これから、筋トレを始めようと思ってる人は、筋肉を鍛えることに対して正しい方法を身につけましょう。

 

 

首が痛い!ときに今すぐできる3つのストレッチ動画と予防方法

  • 投稿
首が痛い!ときに今すぐできる3つのストレッチ動画と予防方法

デスクワークが多いと、首はめちゃくちゃダメージを負いますよね。

ここに体の衰えが加わるとダブルパンチになり非常に厄介です。

 

 

そこで、首が痛いときにおすすめのストレッチ動画と、デスクワークに取り組む時間が長い人向けに、最適なモニター角度について紹介します。

 

 

首のストレッチ動画

パソコンやスマホを見ている状態が長引くと、頭が前に持たれた状態になります。

さらに、首の筋肉が衰えていくと、筋肉がガチガチになってしまいますよね。

 

首コリと頭痛のための1分ストレッチ法

 

 

首コリの原因となる板状筋(ばんじょうきん)を伸ばすストレッチです。

このストレッチのポイントは、手の重さで首を前にもっていき、1回のストレッチに1分間をかけます。

 

首コリ解消ヨガ

 

 

女性の場合は、こうしたストレッチ方法もありです。首のストレッチだけでなく肩も回すストレッチなので、肩こりの解消にもいいと思います。

 

僕は、まだ股関節が硬いせいか、あぐらがうまく組めませんでした(orz)。

 

 

首コリ改善 一瞬でやわらかく、リラックス効果も

 


僕の場合は、この動画が一番効果的でした。

この方法なら、ヨガのように場所も選びません。椅子に座ってるときでも簡単にできるのと、首の後ろと肩の間の付け根部分が痛くなることが多いので重宝しています。

 

 

 

 

 

首の筋肉が衰えるとどうなる?

 

 

頭痛や吐き気の原因に

 

コリというと肩こりを思い浮かべてしまいますが、首もコリます。

首がコリ始めると、頭痛や吐き気を感じることもあります。

 

この理由は、首の筋肉には脳につながる血管や神経が通っているのが理由の1つと考えられています。

 

長時間パソコンに向かったり、同じ方向ばかりを向いたりしていると、首の筋肉は緊張し続け、ガチガチに硬くなってしまいます。

 

ガチガチになった筋肉は、弾力が失われた状態です。なので、この中を通る血管や神経は阿朴され、頭痛や吐き気の原因になることもあると言われています。

血管が圧迫されると疲れやすく集中力低下につながることも

筋肉が硬くなり、脳への血流が悪くなると疲れやすくなったり、勉強や仕事に集中できなくなり、やる気が低下します。

 

首は脳に近くて疲れを感じやすい部位です。こまめにつとれっちをして、適度に動かしてあげましょう。

 

モニターの高さを最適にしよう!

 

首が前傾になりすぎてしまうことが首コリの一つの原因なら、モニターの高さを調整すればいいのではないかと思いますよね。

 

モニターの高さは、ディスプレイの上部分が、視線よりも5~7.5センチ上にくるくらいがベストの高さをと言われています。

 

この時、モニターとの距離は、40センチ以上は離しましょう。

 

低すぎる場合は、無理にラックや台などを購入する必要はありません。

自宅にある本を積めば、簡単に高さを調節できます。

 

 

首の筋肉を鍛えるネックフレクション

 


首の筋肉を鍛えるためのトレーニング方法です。

 

格闘技で行う「首あげ」に近いトレーニングです。

首回りは特に鍛えづらいのと、そもそも鍛える機会があまりないですよね。

 

ネックフレクションのようなトレーニングなら、寝る前や起きたときにもできるので、取り組んでみてください。

 

運営者情報

運営者情報

 

運営者 メタボを運動で改善する方法 事務局
サイトアドレス https://www.social-neuroscience.com
サイト開設時期 2017年11月
サイト内容 サイトで公開している情報は、私が実際に試したもので効果のあったものや、訪問された方にとって興味のある内容を掲載しています。

 

 

お問い合わせはこちらより

 

当サイトにおける内容や、運営者に対するご連絡はこちらにお願いいたします。

 

 

 

 

 

体質改善を本気で意識するようになったのは39歳の7月です。

 

この時のボクの体重は、96キロありました(身長は178センチです)。

 

肥満による完全なメタボ状態でした。そして、メタボから脱却するために、まずはダイエットの知識から勉強しました。

 

このとき、太っているのは、そもそも間違った知識を信じ込んでいる、そして正しいダイエットを知らない、ということに気づいたのです。

 

 

メタボを改善するために、運動や食事を見直すことはもちろん必要ですが、それよりも一番大切なことは、正しい知識です。食事や運動に対する正しい知識があれば、メタボは確実に改善することができます。

 

 

40歳からの身体を考えて運動習慣を取り入れて!

 

そして、僕がこのブログを立ち上げるきっかけになったのは、40歳からメタボ改善に取り組み、3か月ほどでサイズダウンに成功し腹囲も86センチくらいになったころ、上半身の筋肉の衰えを実感させられたからです。

 

毎日30分ほどの運動(ジョギングと体操)をしていたにもかかわらず、脇腹の脂肪が減らなかったリ、肩周りの劣化が止まらないことに危機感を感じました。

 

なので、このブログでは、「運動することを生活スタイルに組み込んで、楽しく健康的で、いつになっても魅力ある身体でいよう!」ということをテーマにしています。

 

 

毎日のジョギング

 

毎日ジョギングしているコースの高台から撮影した景色です。

運動習慣がついてから、こうした美しい景色を見るのが趣味になってきました(笑)