メタボの診断基準と原因、改善方法は?

メタボリックシンドロームは、メタボになると心筋梗塞になる確率が高い、そこから2008年にメタボ健診が導入されました。

 

太り過ぎで高血圧や高血糖などの症状がある人に対して、痩せるように指導して生活習慣病を予防することに狙いがあります。

これは、肥満が心臓病などを引き起こす諸悪の根源という考え方に基づいています。

 

特に、男性でBMIが30以上ある人は、要注意です。

 

 

メタボの診断基準は国によって異なる

 

メタボ健診

 

メタボリックシンドロームの診断基準は、国によって大きく違いがあることを知っていますか?そこで、日本とアメリカの診断基準を比較してみました。

 

日本のメタボリックシンドローム診断基準(2005年)

 

① 内臓脂肪蓄積 ウェスト:男性85cm以上、女性90cm以上
② 血圧 130/85mmHg以上
③ 空腹時血糖 110mg/dl以上
④中性脂肪 150mg/gl以上、もしくは
HDLコレステロール:40mg/gl未満

 

このうち、①の内臓脂肪蓄積に加えて、②~④のうち2項目以上を含む場合に、メタボとなります。

 

よく勘違いしやすいのは、ウェストだけでメタボかどうかを気にする人がいますが、ウェストが85cm以上だからといってメタボになるわけではなく、血圧や空腹時血糖値や中性脂肪(もしくはHDLコレステロール)の値も関係してくるのです。

 

そして、驚くことは、メタボの診断基準というのは、国によって違うということです。

 

 

アメリカのメタボリックシンドローム診断基準(2001年)

 

① 空腹時血糖 110mg/dl以上
② 腹部肥満 ウェスト:男性102㎝超、女性88cm超)
③ 中性脂肪 150ml/dl以上
④ HDLコレステロール値 40mg/dl未満
⑤ 血圧 130/85mmHg以上

 

アメリカの場合、上の条件のうち3項目以上に該当した場合、メタボとなります。

 

こうして、日本とアメリカのメタボ診断基準を比較してみると、腹部肥満でいえば診断基準値がまるで違うことがおわかりでしょうか。

日本の腹部肥満は、男性が85cm以上、女性が90cm以上なのに対して、アメリカは男性102cm超、女性88cm超

 

 

WHOのメタボリックシンドローム診断基準(1999年)

 

① 高インスリン血症または空腹時血糖 110mg/dl以上
② 腹部肥満 ウェストヒップ比0.9以上
または、BMI30以上
③ 中性脂肪 150mg/dl以上 または
HDLコレステロール35mg/dl未満
④ 血圧 140/90mmHg以上
または降圧剤服用
⑤ 微量アルブミン尿

 

①の必須項目に加えて、②~⑤のうち2項目以上に該当にした場合、メタボとなります。

 

 

メタボの原因は?

 

 

 

 

メタボリックシンドローム予備軍とは?

 

 

 

 

改善するにはどうすればいい?