運動で効果的にメタボを改善しよう

メタボを運動で改善する方法

腹囲104cmのアラフォーおやじがメタボ改善のために運動して4か月でメタボを脱却した方法

運動で効果的にメタボを改善しよう

スーツを新しく買おうとしたとき、自分自身のお腹周りが明らかに増えたと自覚しました。

 

そして、毎年1回の健康診断。

お医者さんの前で、膨れ上がったお腹を少しでも凹ませるのも恒例儀式になってしまいました。

 

そうでもしないと、たっぷりため込んでしまったお腹がみっともなくてしょうがないからです。

 

 

そんな私が、自分のメタボを改善しようと思ったきっかけは、友人が糖尿病と診断されたことがきっかけでした。

 

あまり、脅すつもりはないのですが、糖尿病に一度かかってしまったら二度と完治しないので、あなたのことを考えてお伝えします。

 

 

メタボ対策にもっとも効果的な方法

 

ぽっこり出てきたお腹を引っ込めるためには、

 

・食べるものに気を付け「正しい」食事習慣を身に着ける
・基礎代謝を上げるために運動習慣を取り入れる

 

この2つがもっとも効果的です。

 

「なんだ、食事制限と猛烈な運動かよ・・・」と思うかもしれませんが、少し待ってください。

 

 

正しい食事習慣と食事制限はまったく違う

 

そもそも、ダイエットの正しい意味は「適正体重を維持するための食事」という意味です。

そして、太っていたり、メタボの人は、「正しい食生活」ができていません。

 

 

たとえば、寝る前に食べれば太ります。これを知っていますか?痩せている人というのは、少なくとも寝る2時間前にカロリーを摂るようなことはしません。

 

 

野菜が大事だからといって、サラダを食べるのはいいことですが、ドレッシングで太ってることを知っていますか?

 

ドレッシングは、ものによってまったくカロリーが違います。健康にいい、ダイエットのためと思って積極的に野菜を摂ること自体はすごくいいことです。しかし、サウンザンアイランドのような高カロリーのドレッシングをたっぷりかけて野菜をたくさんとっているなら、逆に太りますよ。

 

 

健康にいい食品は大量に食べる。ここにも注意が必要です。たとえば、アボガドなどの食品は色ツヤもよく、健康によさそうですが、たくさん食べれば確実に太ります。

 

 

少し、簡単な例をあげただけでもあなたの食事に対する常識と違っていたのではないでしょうか。

 

なにも、食事制限をしないと痩せないと言ってるのではなく、今のあなたの食習慣を見直すだけでも、メタボ克服には効果があることを知っておいてください。

 

 

 

メタボ対策に運動が必要な3つの理由

 

メタボ解消のための「運動」にも誤解があります。

 

運動が大事な理由は、運動でカロリーを消費して痩せることではありません。
もちろん、運動をすればあなたの身体はエネルギー源としてカロリーを消費しますが、1時間で消費するカロリーはたかが知れているのです。

 

 

メタボ対策に運動が必要な理由は、次の3つです。

 

筋肉量を増やして基礎代謝量をあげる
血流をよくして
身体を動かすことで、

 

 

でも運動するのは面倒!時間もない!

 

 

加圧シャツ

 

 

 

サプリ

 

ぽっこりお腹を解消するためには